種類があります

原状回復義務に基づいて修繕や工事をしようというとき、業者などが行います。
そのときに行われる工事にも種類があります。主な種類として、内装解体工事、スケルトン仕上げ、廃棄物処理などがあります。
これは原状回復工事の中の種類ですが、そもそも原状回復工事自体はどんなことをするのかというと、店などの場合だと取り付けていた機械などを撤去したりします。事務所の場合だと床を張り替えたり塗装をし直したりします。

その中でも分けられて内装解体工事などの種類に分かれるのです。内装解体工事は、新しい契約者の為に要らない分の自分たちが使っていた床や天井などを取ったりする工事のことです。
スケルトン仕上げというものは、新しい契約者が入るときにその契約者が取り付けたい機械などを取り付けられるようにするために、元から付いている設備以外はすべて自分たちが入ったときと同じように戻すことです。
廃棄物処理とは、工事や修繕をする際に出てしまう廃棄物をきちんと専門の業者に依頼して処理をすることです。工事をするだけではなく、最後の処理まで大事なのです。

また、業者によっては見積りだけなら無料で行ってくれるところもあります。まずは見積りを見てみたいという人も、これならお金がかからないので安心です。

最近は引っ越す際に原状回復をする必要がないDIY住宅というものもあります。これは借り主が自らの住みたいような部屋に住めるようにという考えから現れたもので、壁の色を変えたり自分で作ったものを取り付けたりしてもOKです。
自分で創ったり加工したりすることが好きな人が注目している、新しい形の賃貸住宅です。

責任の範囲

引っ越しをする場合に、自分が部屋を借りたときと同じ状態に戻すことを原状回復、それをしなければならないということを原状回復義務ということを先ほど説明しました。
これは修繕や工事をすることによって直すことが出来ますが、業者に任せて行われることが多かったりします。

アパートやマンションなどの原状回復を請け負っている業者は様々にありますが、中には賃貸アパートやマンションなどの原状回復を専門にした業者もあります。
こういった業者の場合ならより専門的に対応してもらえるので安心です。
リフォーム会社がそういった業務を請け負っている場合もありますが、不動産会社が原状回復や修繕の管理をしている場合もあります。

原状回復の修繕や工事をする際、一部分を汚してしまっただけでもすべてを変えなければいけないということもありません。借り主が元に戻さなければならないものは落ち度のあった部分のみです。
引っ越しが決まって出て行くときにハウスクリーニングをするかどうか悩む人もいます。これは出て行く人が綺麗にしてから次の入居者に引き渡すという流れがありますが、このハウスクリーニングにかかるお金自体は原則借りていた人が出すものではないとされています。

お世話になったら

原状回復という言葉はアパートやマンションなどの話に関わったときによく聞く言葉です。
原状回復とは物を回復させることですが、賃貸のアパートやマンションから引っ越す場合に自分が入ったときと同じような状態に戻すことです。
これはアパートやマンションを借りるときの契約に書かれていることが多く、入居者が借りた部屋を返すときに工事や修繕をして元の状態に戻さなければならないというものを原状回復義務といいます。

原状回復する際に、部屋を貸している大家によっては敷金から原状回復にかかったお金が払われる場合もあります。

使用していた部屋などが老朽化していくのは住んでいたら当たり前のことです。なので、裁判での判例などでは自然劣化などまで借りていた人が直す必要はないという考え方があります。
生活する上で自然に発生してしまう汚れなども、借りていた人が負担する範囲ではないとする考え方に含まれています。

借りていた人が負担するべきと判断されるものとしては、借りていた人が意図的に傷つけたり劣化させた場合や、きちんと注意していれば傷つかなかったというような自分のミス、過失にあたるようなものがあります。これらに該当する場合は借り主の負担で原状回復をしなければなりません。
このきちんと注意しなければならないという借主側が負う責任を、善管注意義務といいます。アパートやマンションなどで人の物を借りている場合には、この善管注意義務が課されます。

ここでは原状回復について説明していますが、他にも似たような言葉があり、原状復帰、原型復旧などがあります。
原状復帰とは、言葉が異なっているだけで原状回復と意味はほぼ同じです。建物などを元に戻すという意味です。
原型復旧は定義は原状復帰と同じ意味ですが、世間では天災などで元の状態が損なわれてしまった場合などから元に戻そうと復旧しようとする際に使われる言葉となっています。
元の状態に戻すという意味はどちらも同じですが、使用される場面によって使い分けられています。